クリニックHP
クリニックHP

最新の自然療法、
栄養情報を随時更新しています。

お客様へのメッセージ

“本物のドクターズサプリメント”
のみお届けします。

ドクターサプリUSAでは、私のクリニックで効果があった「ドクターズサプリメント」だけをセレクトしてご紹介しています。予防医学、サプリメント治療の先進国アメリカで生まれた「ドクターズサプリメント」ですが、日本では残念なことにまだあまり浸透してはいません。アメリカで自然療法のひとつとして成果を上げている「ドクターズサプリメント」をぜひこの機会に知っていただき、体の不調やお困りの症状の改善、健康維持に役立てていただくことを願っております。

Dr.Eiji Ozawa ND

プロフィール

自然療法医科大学で全米一といわれる Bastyr University を卒業後、医師免許を取得。自然療法医師としてロサンゼルスで10年以上、西洋医学に変わる総合的治療に力を入れている。
プロフィールをもっと詳しく



モバイル QR コード

QRコード

メルマガのご案内 登録・解除はこちら
  • RSS1.0
  • ATOM0.3

ドクターサプリバナー

【歯磨きのススメ】 ~ 歯磨きが心疾患リスクを減らす!? ~

歯を磨くこと── それは現代社会ではごく当たり前の習慣。では、皆さんはなぜ歯を磨くのですか? 虫歯や歯周病予防?もちろん!身だしなみ?確かに黄ばんだ歯や口臭は恥ずかしいですものね。

歯を磨くこと── それは口腔ケアやエチケットマナーとしてだけでなく、心疾患や全身疾患を予防するためにも必要な習慣かもしれないのです。

お口の中は菌だらけ!

腸内細菌叢に多種・多量の細菌が存在しているように、お口の中にも口腔内細菌叢というミクロの世界があります。この口腔内細菌叢を住処にしている細菌は種類にして700種以上、生菌数は唾液1mLあたり1億個ともそれ以上とも言われます。つまり、お口の中は菌だらけなのです。

プラークが引き起こすもの

これらの常在菌は普段はあまり悪いことをしません。ところが、歯磨きが十分でなかったりすると、歯の表面や、歯と歯肉の隙間(ポケット)に細菌が堆積していきます。これがプラーク(歯垢)です。プラークは何層にも重なるその形状から、バイオフィルムとも呼ばれています。歯周ポケットに入り込んだプラークは、放っておくと歯肉に炎症を起こし歯周病に発展します。

プラークは歯周病になるリスクを抱えてる

歯周病は単に口内だけの病気ではありません。歯周病菌が歯肉から血液に入り込むことで、全身に炎症や悪影響を与えることが指摘されています。特に歯周病と心疾患は密接な関係があり、歯周病菌が血流に乗って心臓に移動し、炎症とともにトラブルを引き起こし得るのです。

歯磨きと心疾患リスクの関連性

良く歯磨きをする人は、心房細動や心不全のリスクが低い傾向にある── という可能性を導き出した韓国の研究が、2019年12月に欧州心臓病学会(ESC)の学会誌で紹介されました。

なお、心房細動とは不整脈の一種、心不全は心臓のポンプ機能が低下し体に十分な血液を送り出せなくなる状態のことで、いずれも心血管系だけではなく全身の健康に悪影響を及ぼす怖い病気です。

<研究の実施内容>
この研究は、心房細動、心不全、心臓弁膜症の既往がない、韓国国内の161,286人(40歳〜79歳)を対象に実施されました。これら対象者に関して、身長・体重・病歴・ライフスタイルの他、口腔衛生と口腔ケア習慣(歯周病の有無・歯磨きの回数・歯科受診の理由・プロによる歯のクリーニング・欠損歯数)のデータが収集され、その後、中央値にして10.5年の追跡調査が行われました。

歯磨きは心不全のリスクを軽減

<結果>
この追跡調査期間中、4,911人(3%)が心房細動を、7,971人(4.9%) が心不全を発症しています。

BMI, 性別、年齢、社会経済状態、アルコール消費量、運動、高血圧など併存疾患等のリスク要因を調整したのち解析した結果、1日3回以上歯磨きする人は、そうでない人と比較して、心房細動の発症リスクが10%、心不全の発症リスクが12%低いことが示されました。

<結論>
頻繁な歯磨き、そして専門的な歯のクリーニングによる口腔ケアの習慣化は、心房細動や心不全のリスクを減らす可能性があります。
チンキのコピー

口腔ケアの大切さ

韓国での研究については、調査対象者が1つの国に限定されていること、そして口内細菌と心疾患との因果関係やメカニズムが証明されていないことが指摘されています。しかし、これだけの長期にわたる大規模な調査得られた結果は、決して無視できるものではありません。

また、これ以前にも、スコットランドの健康調査を分析した英国の研究でも類似した結果が出ています。この報告によると、口腔ケア習慣を含む生活習慣に関して11,000人以上のデータを分析した結果、歯磨きの頻度が低いと心疾患リスクは70%上がることが示唆されました。また口腔衛生状態がよくないと申告した人々を検査すると、血中の炎症反応マーカーが陽性であったことも報告されています。

心疾患の原因は、肥満、喫煙、家族歴をはじめ、実に様々です。しかし、不衛生な口内環境や歯周病が心疾患リスクの要因になり得ることは確かなようです。

今日から始めよう、お口を清潔に!

虫歯や歯周病を予防するためにも、そして心疾患や全身疾患のリスクを減らすためにも、日頃から口腔ケアを心がけましょう。

フロスは心疾患や全身疾患のリスクを減らす

*少なくとも1日2回は歯を磨きましょう。

*フロスすることも忘れずに!

*定期的に歯科医院で歯のクリーニング&チェックアップをしてもらいましょう。

注意点

口内と心臓の健康のためといっても、がむしゃらにゴシゴシ歯を磨くと歯肉が傷つきます。歯科医や歯科衛生士から正しい歯磨き方法を教えてもらうなどして、歯にも歯茎にも優しい歯磨きを実践してくださいね。
総合ビタミン ミネラル高活性、高濃度
Reference:
J Oral Maxillofac Pathol. 2019;23(1):122–128. doi:10.4103/jomfp.JOMFP_304_18
EurJ Prev Cardiol. 2019 Dec 1:2047487319886018. doi: 10.1177/2047487319886018.
doi:org/10.1136/bmj.c2451 (Published 27 May 2010)

Nobuko

Nobukoライター

投稿者プロフィール

最近、脱・白髪染め宣言をしたアラフィフ女。 日常の食生活に様々なスーパーフードを取り入れながら、身体の中からのエイジングケアに取り組んでいます。   
〔ほぼ日課〕 ヴィーガンの夫と共に、オーガニックストアやヘルシーレストランをチェックすること
〔好きな物〕 オーガニック&ナチュラル&アロマ関連アイテム / あんぱん・和菓子 / 昭和のドラマ

この著者の最新の記事

関連記事

商品検索


ご注文前に必ずご確認ください
ドクターズサプリメントは、どんな病気の診断、治療、改善、または予防することを意図していません。また、ご購入のドクターズサプリメントは医師が個人に合わせて処方するものとは異なります。選択、ご使用は全てご自身の責任となりますことを予めご了承ください。

医師による治療・投薬を受けている場合は医薬品との相互作用の可能性が生じる可能性がありますのでドクターズサプリメントの使用については担当医師の指導を受けて下さい。特に医師の判断を経ずに治療・医薬品の使用を中断し、ドクターズサプリメントを使用するような行為は “絶対に” おやめ下さい。

メーカーの示す用法用量を守ってご使用ください。

使用者の体調、体質によっては身体に合わないことがあります。不快を感じた場合は安全のため直ちにドクターズサプリメントの使用を中止して下さい。

個人輸入で一度に輸入できるドクターズサプリメントの数量には制限があります。大量にご購入にならず、規制の範囲内で必要分のみをご購入下さい。

個人輸入で持ち込まれたドクターズサプリメントは、自己責任による「個人使用」のみが許可されております。ですので法人・団体名義でのご注文はお受けすることはできません。また、個人輸入したドクターズサプリメントを他人への譲渡・転売することは認められておりません。

※ドクターサプリUSAはアメリカ カリフォルニア州のドクターズサプリメント販売業者です。アメリカ カリフォルニア州の法規に従った表記、販売を行っております。

★ドクターズサプリメントの説明に関しては、あくまで一般的な症状に対して有効であるというものであり、Dr.Ozawaが個人に対して直接アドバイスしたものではありません。どうぞご理解の上、ご購入をお願いいたします。
Dr.Ozawa HP → http://www.ozawand.com/

メルマガ登録・解除


新規会員登録