クリニックHP
クリニックHP

最新の自然療法、
栄養情報を随時更新しています。

お客様へのメッセージ

“本物のドクターズサプリメント”
のみお届けします。

ドクターサプリUSAでは、私のクリニックで効果があった「ドクターズサプリメント」だけをセレクトしてご紹介しています。予防医学、サプリメント治療の先進国アメリカで生まれた「ドクターズサプリメント」ですが、日本では残念なことにまだあまり浸透してはいません。アメリカで自然療法のひとつとして成果を上げている「ドクターズサプリメント」をぜひこの機会に知っていただき、体の不調やお困りの症状の改善、健康維持に役立てていただくことを願っております。

Dr.Eiji Ozawa ND

プロフィール

自然療法医科大学で全米一といわれる Bastyr University を卒業後、医師免許を取得。自然療法医師としてロサンゼルスで10年以上、西洋医学に変わる総合的治療に力を入れている。
プロフィールをもっと詳しく



モバイル QR コード

QRコード

メルマガのご案内 登録・解除はこちら
  • RSS1.0
  • ATOM0.3

【免疫を高めて身体を守る】 ~ 日頃から免疫アップを意識した生活を心がけよう ~

img50

【免疫を高めて身体を守る】 ~ 日頃から免疫アップを意識した生活を心がけよう ~

風邪やインフルエンザの流行に加え、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染が急速に拡大しています。根本的な治療法が確立されておらずワクチンもないという混乱の中、今、声高に言われているのが「免疫力を上げる」ことの必要性。でも、免疫という言葉は常に耳にするけれど、免疫について真剣に考える機会って実はあまりなかったりして・・・。 そこで、今回のテーマに免疫についてです。

※ 免疫のネットワークや仕組みはあまりにも複雑で、研究者にも解明されていないことがまだ多くあります。生活習慣と免疫との関連性、栄養・食事が免疫機能に及ぼす影響などについても、科学的に証明するにはさらなる研究が必要です。また、「免疫力を上げる」ことに関して、実際の免疫機能は異物や状況ごとに免疫応答・免疫細胞・プロセスも異なるため、どの免疫細胞をどれだけブーストする必要があるか、又、症状に応じた免疫細胞の最適な組み合わせについては現時点では解明されていません。

healthy immune system-630

 

現在解明されている免疫システムを細かく解説するには、難解かつ多くの化学用語とページ数を必要とします。これらを省略する当記事は免疫に関する「入門編」であることを、予めご了承くださいますようお願いいたします。

免疫とは

免疫とは、体内に進入したウイルスや細菌などの病原体、あるいはガン細胞などを異物として認識し、攻撃・退治・排除することによって身体を健康に保つシステムです。

多様な免疫細胞による華麗なチームプレイ

免疫といえば白血球。しかし、白血球は単体ではありません。顆粒球(好中球・好酸球・好塩基球)、単球、リンパ球の総称です。単球はマクロファージや樹状細胞などに分化します。また、リンパ球には、胸腺で分化成熟したT細胞、骨髄で分化したB細胞、そしてナチュラルキラー(NK)細胞があります。これだけでも、免疫は多様な細胞の集合体であることがわかりますね。

これらの免疫細胞には、司令塔、メッセンジャー、捕獲、攻撃、パトロール等々、それぞれにミッションがあり、迅速かつ緻密なチームプレイで病原体や異物を排除していきます。

また、キラー(退治)担当の細胞が正常な細胞まで攻撃しないよう、キラー細胞の働きを抑制したり、免疫反応を終了に導く細胞も存在します。

自然免疫(先天免疫)と獲得免疫(適応免疫)という2つの免疫システム

免疫システムと一言でいっても、大きく分けて2つあります。

ひとつは、自然免疫(先天免疫innate immunity)と呼ばれ、生来備わっているシステムです。最初の防御ラインは皮膚や粘膜。涙、咳、くしゃみ等によって異物を体外に排出します。その防御ラインを突破し体内に侵入した異物に対しては“迅速”に応答し、好中球、樹状細胞、マクロファージ、NK細胞などが働きます。この過程で見られるのが、鼻水などの過剰な粘膜産生、炎症、発熱、だるさなどの症状です。

自然免疫で対応できないものは、獲得免疫(適応免疫 adaptive immunity)というシステムが応じ、主にT細胞やB細胞が活動することになります。体内に侵入した異物を見分け抗体を作りますが、必要な抗体の特定や、攻撃に必要な数の抗体を産生するのに数日以上を要します。この間、自然免疫が頑張っているので、鼻水や発熱などの不快な症状が続くわけです。獲得免疫は、一度侵入した異物の情報を記憶するため、同じ異物が再度侵入した際には素早く攻撃できるようになります。予防接種・ワクチンは、この原理を利用した方法なのです。

ワクチンがない新型コロナウイルスに対抗するには

現在、新型コロナウイルスに対するワクチン開発が急ピッチで進められていますが、ワクチンが実用化されるまでには時間がかかります。つまり、獲得免疫で対抗できるようになるまで、感染しないように努めること、そして体内に侵入してしまったウイルスに対しては、自己の防御・免疫力(自然免疫)で応戦することになるのです。

新型コロナウイルスは、感染力こそは高いものの、8割近くの方は軽度の症状で済んでいます。重症患者や死亡者の多くは、免疫力が低下している高齢者や疾患を有する人です。

免疫と年齢の関連性

高齢者と感染症

多くの研究によって、若い人と比較すると、高齢者は感染症にかかりやすく、また感染症による死亡リスクも高いことが明らかになっています。その原因は特定されていませんが、一部の研究者の間では、加齢とともに胸腺が萎縮し、T細胞の産生が減少することが指摘されています。また、高齢者は食事量や食事のバリエーションが減るので、ビタミンやミネラル欠乏が免疫力の低下を招くとも考えられています。しかし、歳だから仕方ない・・・と諦めないでください。インフルエンザワクチンの研究では、確かに若い人に比べると65歳以上のワクチン効果は劣りますが、予防接種を受けておくと(予防接種をしない場合と比較して)感染と死亡率は有意に低下します。また、必要な栄養をきちんと補給することで、体調や免疫力の低下を極力抑えることは十分に可能です。

免疫力を下げないために実践したいこと

では、自己の防御・免疫力を下げないようにするには、どうしたらよいのでしょう?

当サイトでは、こちらの記事でウイルスから身体を守るための生活習慣、栄養、ハーブなどをご紹介していますので、是非お試しください。

≪併せて読みたい≫

ウイルスに感染したくない!自然療法で、体をウイルスから守る方法をご紹介。

病原体に負けない身体・免疫力づくりには、日頃から以下のようなことも心がけるとよいですよ。

♦ 腸内環境の改善

免疫力アップには腸内環境の改善が効果的

免疫細胞のほぼ70%、そして異物と闘う抗体であるIgA(免疫グロブリンA)の約80% は腸に存在しています。つまり、免疫力は腸内環境と比例していると言っても過言ではありません。プロバイオティクスやプレバイオティクス(食物繊維)を積極的に摂取して腸を健康に保つことで、免疫力の維持やアップにつながります。

♦ 適度な運動
定期的に、そして適度に身体を動かすことは、全身の健康だけでなく、免疫力アップにも貢献します。運動によって全身の血液循環がよくなると、体温の上昇や免疫細胞の活性化につながります。カリフォルニア大学サンディエゴ校による研究で、20分間の適度な運動が免役システムを刺激し、抗炎症反応をもたらすことが報告されています。

♦ 免疫システムに良いとされる食品例
マウスを用いた研究では、水溶性食物繊維が免疫細胞を炎症誘発性から抗炎症性に切り替え、感染からの治癒を早めることが示唆されています。またブルーベリーや赤ぶどうに含まれるプテロスチルベンとレスベラトロールは、ビタミンDと一緒に摂取することで、自然免疫システムで重要な役割を担うに環状アデノシン-リン酸(cAMP)遺伝子の発現を高めます。DHA豊富な魚油はB細胞の活性を促します。さらに、キノコ類に豊富に含まれるβグルカンは、腸の免疫細胞に作用し、免疫力アップに貢献します。

♦ 睡眠
慢性的な睡眠不足は免疫応答と白血球の循環を低下させる可能性がある一方、適切な睡眠は免疫記憶を強化します。

♦ 適度な日光浴

適度の日光浴は免疫力アップに効果的

太陽光のブルーライト (青色光)がT細胞を活性化することが確認されています。動きが速くなることで、感染に対してより迅速に対応することができるのです。今や忌み嫌われがちな日光浴ですが、免疫システムには重要です。

♦ ストレスをできるだけ軽減しよう!
慢性的なストレスは、免疫応答そして病気と闘う能力を抑制する可能性があります。自分に合ったストレス解消法を見つけることは、免疫力の低下を防ぐためにも大切です。

新型コロナウイルスに負けない体づくりには日頃の心がけが必要

新型コロナウイルスのワクチンがない現在、自分が持っている免疫力で自分を守る以外に方法はありません。重症化や致死率の高いウイルスではありませんので、仮に感染しても、己の防御・免疫力によって軽度の症状で回復することができます。

ただ、その免疫力は短期間で強化することはできません。栄養、睡眠、心身のストレス対策は、日頃から心がけてくださいね。

≪腸内環境を改善するサプリ≫

プロバイオティクス200億プラスのご購入はこちら

マイクロフローラバランス(腸内抗菌サポート)のご購入はこちら

≪ストレスを軽減するサプリ≫

ストレス、不眠を和らげるセレニティンプラスのご購入はこちら

ギャバ(GABA)のご購入はこちら

5HTP(トリプトファン) 50mgのご購入はこちら

≪ウイルスと闘い、免疫力を高めるサプリ≫

コロイダルシルバーのご購入はこちら

モノラウリンのご購入はこちら
20160920-02
Reference:
Mol Biol Cell. 2004 Sep; 15(9): 4191–4202. doi: 10.1091/mbc.E04-05-0412
Nature. 2011 Jun 15; 474(7351): 327–336. Published online 2011 Jun 15. doi: 10.1038/nature10213
Brain Behav Immun. 2010 May; 24(4): 631–640.Published online 2010 Feb 6. doi: 10.1016/j.bbi.2010.01.015
Military Medical Research volume 4, Article number: 14 (2017)
Mol Nutr Food Res. 2014 Mar; 58(3): 528–536. Published online 2013 Sep 14. doi: 10.1002/mnfr.201300266
J Leukoc Biol. 2013 Apr; 93(4): 463–470.doi: 10.1189/jlb.0812394
Sleep. 2017 Jan 1;40(1). doi: 10.1093/sleep/zsw019.
Trends Neurosci. 2015 Oct;38(10):585-597. doi:10.1016/j.tins.2015.07.007.
Sci Rep. 2016 Dec 20;6:39479. doi: 10.1038/srep39479.

Nobuko

Nobukoライター

投稿者プロフィール

最近、脱・白髪染め宣言をしたアラフィフ女。 日常の食生活に様々なスーパーフードを取り入れながら、身体の中からのエイジングケアに取り組んでいます。   
〔ほぼ日課〕 ヴィーガンの夫と共に、オーガニックストアやヘルシーレストランをチェックすること
〔好きな物〕 オーガニック&ナチュラル&アロマ関連アイテム / あんぱん・和菓子 / 昭和のドラマ

この著者の最新の記事

関連記事

商品検索


ご注文前に必ずご確認ください
ドクターズサプリメントは、どんな病気の診断、治療、改善、または予防することを意図していません。また、ご購入のドクターズサプリメントは医師が個人に合わせて処方するものとは異なります。選択、ご使用は全てご自身の責任となりますことを予めご了承ください。

医師による治療・投薬を受けている場合は医薬品との相互作用の可能性が生じる可能性がありますのでドクターズサプリメントの使用については担当医師の指導を受けて下さい。特に医師の判断を経ずに治療・医薬品の使用を中断し、ドクターズサプリメントを使用するような行為は “絶対に” おやめ下さい。

メーカーの示す用法用量を守ってご使用ください。

使用者の体調、体質によっては身体に合わないことがあります。不快を感じた場合は安全のため直ちにドクターズサプリメントの使用を中止して下さい。

個人輸入で一度に輸入できるドクターズサプリメントの数量には制限があります。大量にご購入にならず、規制の範囲内で必要分のみをご購入下さい。

個人輸入で持ち込まれたドクターズサプリメントは、自己責任による「個人使用」のみが許可されております。ですので法人・団体名義でのご注文はお受けすることはできません。また、個人輸入したドクターズサプリメントを他人への譲渡・転売することは認められておりません。

※ドクターサプリUSAはアメリカ カリフォルニア州のドクターズサプリメント販売業者です。アメリカ カリフォルニア州の法規に従った表記、販売を行っております。

★ドクターズサプリメントの説明に関しては、あくまで一般的な症状に対して有効であるというものであり、Dr.Ozawaが個人に対して直接アドバイスしたものではありません。どうぞご理解の上、ご購入をお願いいたします。
Dr.Ozawa HP → http://www.ozawand.com/

メルマガ登録・解除


新規会員登録