クリニックHP
クリニックHP

最新の自然療法、
栄養情報を随時更新しています。

お客様へのメッセージ

“本物のドクターズサプリメント”
のみお届けします。

ドクターサプリUSAでは、私のクリニックで効果があった「ドクターズサプリメント」だけをセレクトしてご紹介しています。予防医学、サプリメント治療の先進国アメリカで生まれた「ドクターズサプリメント」ですが、日本では残念なことにまだあまり浸透してはいません。アメリカで自然療法のひとつとして成果を上げている「ドクターズサプリメント」をぜひこの機会に知っていただき、体の不調やお困りの症状の改善、健康維持に役立てていただくことを願っております。

Dr.Eiji Ozawa ND

プロフィール

自然療法医科大学で全米一といわれる Bastyr University を卒業後、医師免許を取得。自然療法医師としてロサンゼルスで10年以上、西洋医学に変わる総合的治療に力を入れている。
プロフィールをもっと詳しく



モバイル QR コード

QRコード

メルマガのご案内 登録・解除はこちら
  • RSS1.0
  • ATOM0.3

【肝臓解毒作用】 ~ すべての解毒は、1キロ超の臓器の健康にかかっている ~

肝臓解毒サポート

【肝臓解毒作用】 ~ すべての解毒は、1キロ超の臓器の健康にかかっている ~

脳=身体の司令塔、心臓=全身に血液を送るポンプ、胃腸=食べ物を消化吸収・・・など、役割がイメージしやすい臓器があります。では肝臓は?大切な臓器のひとつとは認識していても、具体的にどのような仕事をしているか思い浮かばない方も少なくないのではないでしょうか?

知っている?肝臓の形態

肝臓のはたらきを知るには、まず肝臓の特殊性を知りましょう。

 内臓で最大の重量と容積を誇る!
成人の肝臓は1〜1.5キログラムほど。一般的な砂糖1袋(かそれ以上)相当の重量があると想像してみてください!ヒトの内臓では重量・容積ともに最も大きな臓器です。

 再生可能な唯一の臓器
肝臓が他臓器と大きく異なる点は、再生可能であること。それもスピーディーに!マウスの肝臓は3分の2を切除されても5〜7日で元の大きさまで再生されます。ヒトの場合、臓器の大きさや複雑さからプロセスにもう少し時間がかかりますが、それでも8〜15日でほぼ元の大きさまで再生され、その後数週間で新しい肝組織と元の組織と区別がつかなくなると言われます。

千手観音なの?500以上の仕事をこなす肝臓

肝臓は多くの働きを持っている

薬物・化学物質・アルコールなどの異物、腸内細菌が働く過程で生成された有害物質、消化管で消化・吸収された栄養素・・・。良し悪しに関わらず、全ての物質が肝臓に入ってきます。肝臓という臓器は、一言でいうならば、これらの物質を体内で使える形に作り替え、不要になった老廃物を処理するところです。

肝臓が行なっているタスクは判明しているだけでも500以上ありますが、主に以下の4つが挙げられます。

 代謝
消化管で吸収され肝臓に送られてきた栄養素をからだが利用しやすい形に分解・合成します。このはたらきは代謝と呼ばれます。

【例】炭水化物の代謝

食事で体内に取り込まれた炭水化物は小腸でグルコース (ブドウ糖)に分解&吸収され、門脈を通って肝臓に運ばれます。グルコースは肝臓でグリコーゲンの形に作り替えられ、貯蔵されます。そして、血糖値が低下した時など必要に応じ、グリコーゲンはグルコースに戻された後に血液中に放出され、様々な組織にエネルギーを供給します。肝臓の炭水化物代謝は、血糖の調節という点でも重要です。

 貯蔵
肝臓は代謝によってつくられた栄養素を一時的に蓄え、必要に応じて血液中に送り出します。例えば、ビタミンA、D、E、K、B12は肝臓にかなりの量で蓄えられています。またヘモグロビンからの鉄はフェリチンという形で肝臓や骨髄などに貯蔵され、赤血球が新たに作られるときに使われます。さらに肝臓は銅も貯蔵・放出する働きも担っています。

多くの機能を持つ健康な肝臓

 胆汁の生成
肝臓は脂肪の消化・吸収を助ける胆汁を生成します。胆汁はいったん胆嚢に蓄えられ、食べ物が十二指腸(小腸の一部)に入ってくると分泌される仕組みになっています。

 解毒・排出
本来からだにとって異物であるアルコール・薬剤・化学物質・食品添加物、そして栄養素代謝によって生じる有毒な老廃物(例えば、たんぱく質代謝産物であるアンモニア)・・・。これら有害物質を無毒化し、尿中や胆汁中に排出するのも肝臓の重要な仕事です。

肝臓にも限界はある!

肝臓は余力が大きく再生能力も優れているため、ある程度ダメージを受けても機能し続けることが可能です。しかし、そんなスーパー臓器にも許容範囲があります。肝臓への過度な負担、あるいは炎症の慢性化は肝機能障害をもたらし、代謝や解毒作用がうまく働かなくなります。

肝臓の機能低下がもたらす症状

皮膚のかゆみ、吹き出物、口臭や体臭、黄疸、倦怠感、食欲不振、下痢、頭痛、吐き気など。

主な肝疾患(肝機能が大幅に低下)

肝炎(ウイルス、アルコール、薬などによって肝細胞が破壊され、炎症がおきる疾患)、肝硬変、肝臓がんなどがあります。また、過度の飲酒や肥満・運動不足を主原因とする脂肪肝も、肝硬変や肝臓がんに進行する可能性があります。

肝臓の解毒作用が損なわれると・・・

肝臓で解毒処理しきれない有害物質が体内を循環することになります。

適切な代謝や解毒機能を維持するためには

肝臓への負担や肝疾患リスクを軽減するために日常生活で実践できることがあります。

 砂糖を控える

砂糖の摂り過ぎは肝臓に悪影響を及ぼす

砂糖の肝臓への毒性はアルコール摂取と同等、もしくはそれ以上と言われています。砂糖は尿酸、肝脂肪、遊離脂肪酸、超悪玉コレステロールや中性脂肪などを増やしてしまい、肝臓障害を招くだけではなく、痛風、腎臓結石、高血圧、糖尿病や脂肪の増加を引き起こすリスクがあります。

 食べ過ぎや栄養過多には気をつけて
流入する栄養が多すぎると、肝臓に負担がかかるだけでなく、やがて肝臓の代謝能力を超えてしまいます。

 お酒はほどほどに
肝臓がアルコールを分解すると、アセトアルデヒドやフリーラジカルなどの有害な化学物質が生成されます。また、過度のアルコール摂取は肝臓に大きな負担をかけ、肝臓を傷めます。そのまま飲み続けているとアルコール性肝炎に、そして肝硬変へと進行してしまいます。

 薬剤の摂取
薬も肝臓で代謝されるため、過度の摂取は肝臓に負担をかけます。定められた用法・摂取量を守りましょう。

危険な薬とアルコールの同時摂取

薬とアルコールの同時摂取はさらに危険です。例えば、アルコールとアセトアミノフェンを一緒に摂ると、急性肝不全を引き起こす可能性があります。

 タトゥーやピアス
タトゥーやピアスの施術を受ける場合、サロンが徹底した衛生管理を行なっているか確認しましょう。針の使い回しはB型やC型肝炎の感染リスクを高めます。(C型肝炎はワクチンがありません。)

 海外旅行をするときには
渡航先の感染症情報を収集し、必要であれば事前対策をしましょう。A型またはB型肝炎はワクチン接種によって予防が可能です。また、マラリアは肝臓で成長して増殖し、黄熱は肝不全を引き起こす可能性がありますが、これらも経口薬やワクチン接種で予防可能です。

 食べるもの
できるだけ食品添加物が含まれていないもの、そして野菜・果物は無農薬のものを選びましょう。(有機野菜・果物でも食べる前には洗いましょう。)

 化学物質への暴露はできるだけ避ける
汚染された大気、塗装、強力な洗浄剤、殺虫剤、農薬、園芸用化学物質などに曝される場合、その場所をよく換気するかマスク着用などして、できるだけ自分の身を守りましょう。これらの化学物質は肝臓にダメージを与えてしまう可能性があります。

 ハーブ

肝機能向上に効果的なミルクシスル

ミルクシスル、たんぽぽの根、ターメリックなどのハーブは肝臓機能を向上させる効果が期待できます。

常日頃から肝臓に優しい生活・食習慣を心がけて

繰り返しになりますが、肝臓は余力が大きく再生能力も優れている強い臓器。そのため、よほどのダメージがないと症状が現れません。

肝臓に異常が起こると代謝や解毒という働きができなくなります。これは体調不良どころか、生死に関わるトラブルに発展しかねません。

肝臓の健康保持は重要

たまにはお酒を楽しみたい、病気のときはお薬に頼らざるを得ない、現代社会においては大気中に化学物質が漂っているのは当たり前・・・。異物を全く身体に入れないことは不可能です。これを解毒するために肝臓は健康であり続ける必要があります。肝臓の健康維持は、常日頃から肝臓に負担をかけない心がけによって可能になります。

≪肝臓解毒に効果的なサプリメント≫

肝臓解毒サポートのご購入はこちら

4週間のデトックスプログラムのご購入はこちら

アーユルベーダ肝臓デトックスのご購入はこちら

スルフォラファン SGSのご購入はこちら

ホメオパシー デトックス・排濃キットのご購入はこちら

高機能グルタチオン+N-アセチルシステインのご購入はこちら

cm%e3%82%b3%e3%82%a2
Reference: Cell Physiol. Author manuscript; available in PMC 2009 Jun 24.Published in final edited form as:
J Cell Physiol. 2007 Nov; 213(2): 286–300.doi: 10.1002/jcp.21172
Metab Brain Dis. 2009 Mar;24(1):95-102. doi: 10.1007/s11011-008-9112-7. Epub 2008 Dec 23.
Eur J Med Chem. 2016 Nov 10;123:577-595. doi: 10.1016/j.ejmech.2016.07.070. Epub 2016 Jul 29
Bethesda (MD): National Institute of Diabetes and Digestive and Kidney Diseases; 2012-.
Molecules. 2017 Sep; 22(9): 1409.Published online 2017 Aug 25. doi: 10.3390/molecules22091409

Nobuko

Nobukoライター

投稿者プロフィール

最近、脱・白髪染め宣言をしたアラフィフ女。 日常の食生活に様々なスーパーフードを取り入れながら、身体の中からのエイジングケアに取り組んでいます。   
〔ほぼ日課〕 ヴィーガンの夫と共に、オーガニックストアやヘルシーレストランをチェックすること
〔好きな物〕 オーガニック&ナチュラル&アロマ関連アイテム / あんぱん・和菓子 / 昭和のドラマ

この著者の最新の記事

関連記事

商品検索


ご注文前に必ずご確認ください
ドクターズサプリメントは、どんな病気の診断、治療、改善、または予防することを意図していません。また、ご購入のドクターズサプリメントは医師が個人に合わせて処方するものとは異なります。選択、ご使用は全てご自身の責任となりますことを予めご了承ください。

医師による治療・投薬を受けている場合は医薬品との相互作用の可能性が生じる可能性がありますのでドクターズサプリメントの使用については担当医師の指導を受けて下さい。特に医師の判断を経ずに治療・医薬品の使用を中断し、ドクターズサプリメントを使用するような行為は “絶対に” おやめ下さい。

メーカーの示す用法用量を守ってご使用ください。

使用者の体調、体質によっては身体に合わないことがあります。不快を感じた場合は安全のため直ちにドクターズサプリメントの使用を中止して下さい。

個人輸入で一度に輸入できるドクターズサプリメントの数量には制限があります。大量にご購入にならず、規制の範囲内で必要分のみをご購入下さい。

個人輸入で持ち込まれたドクターズサプリメントは、自己責任による「個人使用」のみが許可されております。ですので法人・団体名義でのご注文はお受けすることはできません。また、個人輸入したドクターズサプリメントを他人への譲渡・転売することは認められておりません。

※ドクターサプリUSAはアメリカ カリフォルニア州のドクターズサプリメント販売業者です。アメリカ カリフォルニア州の法規に従った表記、販売を行っております。

★ドクターズサプリメントの説明に関しては、あくまで一般的な症状に対して有効であるというものであり、Dr.Ozawaが個人に対して直接アドバイスしたものではありません。どうぞご理解の上、ご購入をお願いいたします。
Dr.Ozawa HP → http://www.ozawand.com/

メルマガ登録・解除


新規会員登録